愛と真理の探求者

愛と真理の探究記録

人間の三大欲求と支配欲

私、、人間の『心』について学んできて、ここ数年思うことがあるんですよね。

今日はそのことについて書きたいと思います。

 

【三大欲求】

人間には『三大欲求』と言われている3つの抗えない欲があるとされていますね?

「生命」を維持するための『食欲』『睡眠欲』と「種」の保存、繁栄のための『性欲』であると。

 

人間の三大欲求が生命の維持や種の保存のためかどうかはさて置き、ほとんどの人間がこの3つの『欲望』をフル稼働させて生きていることは自明の理だと思います。

 

そこでもう一つ、人間を語る上で外せないものがある。

それは『支配欲』です。

f:id:unchain-kei:20240528104702p:image

人類の歴史は支配の歴史でしょう。

権力者は民を支配し、民は奴隷を支配し、人類は他の生物を支配しようとする。

近代の資本主義社会でも同じように、経営者や上司は部下を支配し、その部下はそのまた下の役職の者を支配し、社会で他者を支配できない人も家庭で家族を支配する。

多くの人が他者を支配して優越感に浸っている。

もしくは恐れを拭い去ろうとしている。

 

昔から戦争は他民族を支配しようとする行為だし、現代でも国際連合の国家への介入行為は支配でしかない。

これは「脅威への抑止」かな?

 

そうやってよくよく考えていると、「人間とはどんだけ他者を支配(コントロール)したい生き物なんだ!?」と、、愕然とさせられます。

 

「いやいや!!私は他人をコントロールなんてしていない!!」と言う方もいるかと思います。

でも本当にそうでしょうか??

怒ったり不機嫌な態度をとって相手をコントロールしていませんか?(典型的な支配)

優しくされたくて、泣いたり悲しんだりしていませんか?

困ったり真剣に悩んでるフリをして大目に見て貰おうとか、手伝って貰おうとかしていませんか?

おだてたり持ち上げたりして、いい気分にさせてコントロールするなんてケースもよく見かけます。

 

他人を支配(コントロール)することが良いとか悪いとか言いたいわけじゃないんです。

人間は他者を支配したいんです。

コントロールしたいんです。

人間はそういう生き物なんです。

それが人間であり、争いの歴史の黒幕です。

(大東亜戦争以降、戦争の目的が間接的になってきたのですけどね。目的というか、最終目標は支配ですね。)

 

ガンジーマザーテレサ

マハトマ・ガンジーは支配されたくないから、「被支配者側」をコントロールすることで、インドの独立に貢献しました。

聖人のように讃えられていますが、自身が差別主義者だったという話もあります。(余談w)

マザーテレサは貧しい人達とマスメディアを利用して莫大な金額の寄付金を集めました。

「寄付金がどこへ行ったのか?」「マザーテレサは聖女だったのか?」等は今回は割愛しますが、多くの人とお金を動かしたことは間違いないと思われます。

f:id:unchain-kei:20240528103615j:image

2人とも誰もが知る『偉人』として扱われていますが、大衆をコントロールして何かを成し遂げた代表的な例かと思います。

2人が己の欲望に任せて他者をコントロールしたかどうかは、、直接話していないから知りませんw

 

【支配欲とは】

マーク・トウェインの「人間とは何か?」から始まり、A・アドラーの「ライフスタイル」に通ずる話なんですが、人間の性格(思考や信念)は外部(他人)からの刺激に影響されて形成されます。

赤ちゃんの時に泣いたらお母さんが飛んできて、抱っこしてあやしてくれることから始まり、怒って駄々をこねれば欲しいお菓子が買って貰えたり、泣いて悔しがっていれば同情されたり優しくして貰えた、などの経験から「なるほど、こうすれば他人はこのように行動するんだな」と学びます。

人生の中でその方法が必ずしも上手くいっているとは限らないけど、上手くいく確率が低くなければ続けるわけです。まぁ低くても続ける人はいるんですがw

いいオジサンになっても子どもの頃の成功体験をずっと引きずって使っているのって、、、

考えるとちょっと恥ずかしいですよねww

 

話が逸れちゃいました笑

 

人間は本能的に他者を支配しようとする、支配したい生き物なんだってことです。

赤ん坊は母親を支配しないと生きられないんだからね。本能的にやってるんですよ。

人間は他者を上手くコントロール出来ると、多かれ少なかれ満足感を得ますね。

人間は大人になっても、爺婆になっても、死ぬ間際まで他者を支配していたいんです。

 

とまぁ、私の考えはここに至ったと。

 

【人間の四大欲求】

だから私は、人間には『四大欲求』があるのだなと考えます。(言い過ぎw)

他の動物にも三大欲求はあるし、支配欲がある動物もいるとは思います。が、他の動物は必要以上に支配しません。

人間だけが必要以上に支配したがるんです。

支配欲は人間にとって

『強大な4つ目の欲』なわけです。

 

マズローの5段階説』なんてものもありますが、私はあまり参考にしていません。

f:id:unchain-kei:20240528100914j:image

図の生理的欲求以外は個々人でかなり違ってくるので、順番は参考にならないかと思っています。『支配欲』が本能的な欲だとしたら、図のどこにはいるんでしょうかね??安全欲求かな??

 

今回は『支配欲』について書かせていただきました♬

さて、次は人間について、どんな記事を書こうかな??(楽しんでるのは私だけww)

ま、私が楽しければそれでいいのです♡

 

ではまた♬

 

前記事です

unchain-kei.hatenablog.jp

 

【愛する技術と習練】

今日は前に書いた『愛するということ』の続きです。

「愛するには技術が必要」だと書きました。

なので今回は『愛する技術』について書きたいと思います。

unchain-kei.hatenablog.jp

 

愛する技術を学ぶ前に最も大切なことは、自分のことを好きでいることです。

今の自分のあるがままを受け入れる。

ありのままの自分でいられる感覚。

いわゆる『自己受容』というやつです。

『自己肯定』ではなく『自己受容』です。

無理に自分を肯定する必要はなく、どんな自分も受け入れてあげるんです。

自己受容についてはコチラ↓

https://www.instagram.com/p/C4hfpWjLT5d/?igsh=MWtyZjNnamtyMGFtYQ==

自己受容するためには↓

https://www.instagram.com/p/C42OmIGrlbW/?igsh=NWlyZ2l2dmd2YnMw

自分を好きになれない人は自分を大切に出来ません。自分を大切に出来ない人は、本当の意味で他人を大切にすることなんて出来ないんです。

なので、『自己受容』は他人を愛することの前提条件です。

 

さて、それでは『愛する技術』に進みます。

前のブログ【愛するということ】で書きましたが、他人を愛するということは『そのままのその人を大切にする』ということです。

f:id:unchain-kei:20240506151338p:image

《愛する技術》

【介入しない】

『そのままのその人を大切にする』とは、他人の課題に介入しないということです。

アドラー心理学では『課題の分離』なんて言われています。課題の分離には「介入されない」ことも含みます。

介入とは求められてもいないのに、口出ししたり助けたりすることです。 他人の課題に首を突っ込む行いは、利己的で自己中心的な行為です。

【共感する】

「愛の反対は無関心」というマザーテレサの言葉は有名ですね。

共感するというのは、相手に関心を持ち、相手の立場になって感じたり考えたり、その人の人生の背景を想像することです。共感の最初のステップは「相手の関心事に関心を寄せる」ことです。相手の趣味や好きなことに関心を持ってやってみると、その人の感じていることや考えていることが想像しやすいと思います。

【尊敬する】

尊敬とは、相手の言動や存在に尊敬の念を持つこと。すなわち、その人の信念(正しさ)を知り大切にするということです。たとえお互いの信念に違いがあったとしても、否定することなく「アナタはそのように考えるのですね」と受け入れることです。

【援助する】

 援助とは、その人が目的を果たす為の協力をすることです。

援助するというのは、その人が果たしたい目的の過程を代わりにやってしまうことではありません。代わりにやってしまっては、その人の成長を阻害していることになります。

例えば、貧困に喘ぐ村落のために魚を釣ってあげます。これでは村の人々は、また飢えるかもしれません。村の人々が自ら食料を調達できるように釣り方を教えてあげるのです。

勿論、相手の人が「臨んだ時」にそのように援助します。望んでいない人への援助は介入であり、押し付けであり成長の阻害です。

 

【介入しない】(課題の分離)が出来ていないと他の3つは何も意味を成しません。

【共感する】【尊敬する】で相手を深く知ろうとし、そのままのその人を敬い受け入れます。

【援助する】いつでも援助できる、協力する姿勢で見守るのです。

 

以上の4つが他人を『愛する技術』です。

4つの技術を用いて人と接している状態を『愛』といいます。愛する技術は友人、恋人や配偶者、子どもにも全く同じように使います。

そしてこの技術を習得するためには、ひたすら練習するしかないのです。

幼い頃から後生大事に抱えてきた「人生の癖」と向き合い矯正しながら、愛する技術で人と接する習練を積むんです。

失敗しても諦めず、一歩進んで二歩下がってもやり続けるんです。いつか習練した先に、真に『愛するということ』が出来るようになるんです。

 

これも前に書いたことですが、愛は自然と湧いてくるものではありません。運命の人なんてのもいません。

他人を愛するということは、「この人を愛そう」と決意することです。愛そうと決意し、意識的に愛し続けた結果、運命の人になるんです。

 

現実の社会では実際に『愛』とは何なのか、曖昧な意味付けをしている人が多いように感じます。

自分都合の『愛』を押し付ける人も多く見てきました。

そもそも愛が何かわからない、だから『愛し方がわからない』人が溢れているんだと思います。私もその一人でした。

 

「愛してる」と言いながら、恋人や子どもに介入する人は、恋人や子どもを見下しています。

「愛してる」と言えば他人をコントロール出来ると考えているか、他人を支配するための暴力や暴言を使う自分への免罪符か何かと考えているかもしれません。

「愛してる」と言えば何をやっても許されるわけではありませんよ?

 

さて、

『愛する技術と習練』について書かせて頂きました。もし読んでみて「なるほど」と思って頂けたら幸いです。

私も習練の途中です。

奥さまや娘に介入してしまうこともあります。

それでも諦めずに練習を続けています。

 

ご紹介した『愛する技術』は、アドラー心理学で言う【共同体感覚】の基礎です。

共同体感覚は人間が幸せに生きるために必要な感覚です。

まずは世界中の人々が『愛する技術』で人と接することが出来たなら、今よりも平和な世界になると考えています。

 

大切な人たちを大切に

 

読んで頂きありがとうございました。

愛と真理の探求者でしたm(_ _)m

 

Instagram

https://www.instagram.com/unchain_kei_s?igsh=N2FkeTRtOTBpNDF4&utm_source=qr

 

↓お仕事の依頼はこちら【心屋らいふ】

https://lin.ee/baVLR4G

 

 

 

壊滅的国語力

ブログを書いたりSNSに投稿したりと、他人に伝わるように文章を書く能力って大切ですよね。

今日は私の壊滅的な国語力について書いてみましたw

 

私は文章を考えるのが苦手です。

おそらく国語は小学生レベルで止まっています。

中学の頃は勉強してないし、高校は行っていないから文章の作り方がよくわからない。文法がわからない。

なので、いい大人になるまで本もあまり読んだことがありませんでした。嫌いでしたね。

マンガはアホみたいに読んでましたがw

最近は興味のあるジャンルの本をよく読みます。

40歳手前で、やっとまともに本が読めるようになった感じです。

恥ずかしながら、最初は辞書を引きながら(今も必要ですが)読んでいました。

本が読めるようになると、欲しい情報や知識が得られるようになってきました。

欲しい知識に趣が見えてきて、どんどん本が読みたくなって楽しくなってきました。

f:id:unchain-kei:20240504074735j:image

児童文学の面白さに気付けたり、子どもに読み聞かせて感動を分かち合ったり、新しい発見があってやめられません。

 

8年前、何でもいいから自分のことを書いてみよう、自分のことを発信してみようと、このブログを書き始めました。

ブログを書き始めた当初、まだ本を読み始める前ですが、自分には国語力がないことに気づきました。

「あれ、、俺、、文章が書けない、、」

それでも頑張って書いてみました。

ブログ書くのに何時間もかかって書きました。

あまりにも時間と体力を使うので、ブログを書く気になれず、数ヶ月に一つ、おそらく平均で年に3、4個くらいしか書けずに今に至っていると思います。(年に1個の年も)

今年に入って改めてブログを書こうと思い、以前のブログを少し読み返したのですが、酷いものですね。読めたもんじゃない。まぁ今も酷いのですがw

今も文章を作るのは苦手で、凄く時間がかかります。語彙力もなく、話がアッチコッチに飛んでしまっては修正する始末です。

それでも文章を作るのって楽しくて、少しでも伝わるように書いてみようと試みています。

前が酷かったので、今は少しは伝わるように書けているんじゃないかと思っています。

 

この歳になり、やはり勉強って大切なんだと実感しています。どのジャンルでも基礎がまったく無いので苦労します。本当に恥ずかしいです。(義務教育の問題はあるとしても)

 

とはいえ、アレもコレも出来ないままで人生を終わらせるのは嫌なので、読書して知識をつけて、色々なことに挑戦していきたいと思います。

学び続けて挑戦し続ければ、死ぬまでにはちょっとはマシになっているんじゃないかと思っています。

 

私のブログなんぞを読んでくれる数少ない理解者の皆さんには、本当に感謝しています。

アナタの貴重な時間をこんなクソつまらないブログに使ってくれて、本当にありがとうございます。

心からありがとう(´;ω;`)

 

今後も『愛と真理』を、このブログを含めた何かしらの形で学びをお届け出来たら幸せです。

 

今回は、少しは成長してるかな?ってお話でした。

次こそは『愛する技術』について書こうかなw

前回の記事を貼っておきます。

unchain-kei.hatenablog.jp

 

ではまた(^ ^)

 

【愛するということ】

今日は前回に伝えた、

『愛』について書きたいと思います。

 

unchain-kei.hatenablog.jp

私はハンドルネームの通り『愛』を探求してきました。

「愛とはなんぞや?」

多くの人が簡単に「愛してる」と口にします。

私も以前は簡単に言ってきたかもしれません。

 

皆さんは「愛ってなんだ?」と考えたことはありますか?

おそらく、ぼんやりでも「私にとっての愛」を持っているかと思います。

 

「愛とはなんぞや?」の話の前に、『恋』について説明しますね。

「恋とはなんぞや?」です(^ ^)

 

男性が女性に恋をしてしまい、寝ても覚めてもその人のことを考えてしまう。

でも、いざお付き合いして数ヶ月経つと、以前のような気持ちはどこかへ消えてしまっている。

男女の関係になった途端に気持ちが冷めてしまう。

なんて話をよく聞きませんか?

 

この話を洋服やカバン、まぁ何でもいいんですが、物に置き換えてみます。

一目見て欲しくなり、寝ても覚めても一日中その欲しい物のことを考えてしまう。

でも、いざ手に入れてしまうと以前のような気持ちはありません。ぞんざいに扱ってしまったり、放置してしまったり。

もちろん中には「高価な物だから」と大切にする方もいると思うし、気に入って大切にする方もいるかもしれません。

 

このように、恋とは『物欲』や『性欲』といった欲の類と同じだと気づきます。

恋から愛に発展するケースもあるとは思いますが、恋と愛は全くの別物です。

 

次に「好き」と「愛」の違いについて説明しますね。

お花が好きな人がいるとします。

お花が好きだからお花を摘んで帰り、家で花瓶に入れて楽しみます。枯れたら捨てます。

お花を愛している人がいるとします。

お花を愛しているから、そっとそのままにしておきます。

 

自然が好きだと言う人がいるとします。

自然が好きだから自然豊かな場所に移り住み、住み良いように工事します。

自然を愛している人は、自然を愛しているが故にあまり手を加えません。そのままの自然を大切にします。

 

「好き」というのは趣味嗜好、字の如く好みのことです。

「愛」は花にせよ自然にせよ、あるがままを大切にすることです。

そして、

「人間を愛する」ということは、

「そのままのその人」を大切にするということです。

 

愛は自然に芽生えると思っている人が多いと思いますが、、違います。

愛は決意、決断することです。

「私はこの人を愛するのだ」と決意することです。

f:id:unchain-kei:20240430170600j:image

エーリッヒ・フロムは、

「愛は技術であり習練が必要」だと言いました。

私も全くその通りだと思うし、修練も必要だと考えています。

 

『愛するということ』

すなわち「愛する技術」とは、そのままの相手を知り、尊敬し、信頼すること。

上下の関係はなく対等な関係であること。

何も手を加えず、強要もしない。

その人の成長を願って、いつでも援助できるように見守る。

これが、

「人を愛するということ」であり、「愛するための技術」なんだと私は至りました。

 

「愛するお前の為に言っているんだ」

「愛しているんだから◯◯してよ」

このように言う人たちは愛してなどいません。

ただ、自分の思うように相手をコントロールしたいだけ。

自分の価値観や理想を押し付けているだけです。

 

人に価値観や理想を押し付ける行為は、相手を見下した行為です。

「私の考えは◯◯なんだから、お前も◯◯しろ」と言われて、良い気分になる人は少ないように私は思います。

 

「愛があるから怒る」

「愛のある暴言を吐く」

なんてのも有り得ません。

このような人たちは傷ついた人を見て喜ぶサディストか、支配して喜ぶファシストであることは容易に想像がつきます。

そもそも暴言は心への暴力です。

暴言は暴力と同じなんですよ。

愛のある暴力とは一体なんでしょうか??

DVの肯定でしょうかね??

 

このように『愛』を誤用する人たちが沢山いらっしゃいます。

前述した人たちの『愛』は「人の為」と書いて偽りと読む「偽の愛」です。

自分のことしか考えていない自己中心的なエゴイストなんです。

 

人を愛するためには練習が必要なんです。

一朝一夕で人を愛することは出来ません。

個人心理学でいう《横の関係》で育った人でなければ『愛すること』はなかなか実践できません。

 

私は誰かを批判したいわけじゃないんです。

誰かを傷つける愛なんて愛じゃない。

『真の愛』を知って欲しいんです。

 

もし、この記事を読んだアナタが自分の誤りに気づいてくれたのならば、是非とも人を愛する練習を始めて欲しいんです。

 

人間は愛されないことを怖れてしまって、愛される努力ばかりしていますね。

愛されるために自分を偽ったり、見栄を張ったりと、、いつか自分を見失ってしまう。

本当は人を愛することが怖いんですよね。

振り向いてくれなかったらどうしよう、、裏切られたらどうしよう、、

それでも人を愛する勇気を持って欲しいんです。

 

まずはアナタから『愛するということ』を始めて下さい。

アナタの周りが愛で満たされれば、世界に愛が広がっていくはずです。

 

家族を愛してください。

友達や仲間、隣人を愛してください。

世界が愛で満たされますように♬

 

 

↓愛する技術について書きました

unchain-kei.hatenablog.jp

 

 

↓コチラにも時々メモのように投稿しております

愛と真理の探求者 おけい (@unchain_kei_s) on Threads

 

↓参考までにどーぞ

【なりたい自分になる】

↓お仕事の依頼はコチラから

https://lin.ee/x3wpCQ6

『正義』という暴力

(この記事はInstagramに投稿した内容を少し編集したものです。)

 

f:id:unchain-kei:20240430012627j:image

 

【ある人たちの精神性】

オーガニック活動や社会活動などをしていると、よく『某お医者さん』の支持者にお会いする機会が多い。
SNSでもたくさん見かけるのだけれど、多くの人が口を揃えてこう言っている。

「口は悪いけど愛があるから」
「あれくらい言わないと、わからない人が多い」

愛があれば「◯ね」や「◯ス」や「ア◯」といった暴言を吐いても良いと言うのだ。
こんなもの愛でもなんでもありませんよ?

これはモラハラやDVの肯定であることにお気づきだろうか??

 

f:id:unchain-kei:20240430012640j:image

↑某お医者さん

自分たちが暴力や暴言で他人を傷つけ、コントロールしようとしている『隠れファシストだということに気づいていないんです。
しかも世の中に良い影響を与えているとさえ思っている。

この考え方の人たちは、おそらく家族や周りの人達に同じことをやっている。こどもに対しては必ずやっていると言ってもいいんじゃないだろうか?
自分たちがファシズム社会の存続に一役かっていることに気づいていないんですよ。

まぁファシズム社会(縦の社会)で育ったんだから仕方ないのかもしれないが、この考え方では世の中は良くならないと思うんです。

この考え方の人たちに、その危険性を伝えてもムキになって怒る。
思想は信念であり性格なので、本人が誤りに気づかない限り正当化し続けるのでしょう。

某お医者さん&支持者に限っていない話なんです。
自然派の人たちやヴィーガンの人たち、社会活動している人たち、その他の意識の高い多くの人たちがファシストなんです。
自分の大切な人にもその理想、思想やら主張を言葉の暴力を使って押し付けていることでしょう。

かく言う私もファシストでした。
暴言を吐いたり、他人を批判してきました。
今でもその名残は色濃く残っています。
「これではいかん!」と己の誤りに気付いて矯正中なのででございます。
私もムキになったし、正当化してきたものです。

「正義」「正しさ」なんて100人いたら100通りあるものです。

自分の「正しさ」や「こだわり」を他人に押し付ける、暴言を吐いて伝えることは「侵略行為」でしかありません。

戦争は「正しさ」の押し付けから起こるのです。(今の戦争の仕組みは少し違うけど)

冷静に対話してお互いの正しさを議論すればいいんです。

それが民主主義というものです。

 

そもそも『愛』とはなんなのか?

ここ数年、失敗しながらも私なりに「愛とはなんなのか?」を探求し、学び、まだまだですが実践しています。

愛について近日中に書きますね。


家族や隣人を愛し大切にして下さい。

私たちはもっと平和に繋がれるはずです。

もう少し優しさに溢れる世界になることを願っています。
.
.

#正義
#ファシズム
#ファシスト
#民主主義
#平和な世界
#優しい世界
#愛の哲人
#愛と真理の探求者

 

 

東洋哲学とアドラー心理学

こんにちは。
今回は、私が学んで実践してきたことと、これからのことを少し。

 

十数年前にひょんなことから心理学系のグループセミナーに関わり、なんとなく心理学に携わってきました。

学びの浅かった私は、結婚や離婚を経験し「幸せ」とは何か考えるようになり、己と向き合いつつ少し深く心理学を学び始めます。

 

最初はスピリチュアル色の強い心理学の本から入り、パートナー(今の奥さま)と実践しつつ四苦八苦。。w

感情の扱いについては、とても勉強になったがボツ。

以前は私もスピリチュアルに傾倒した時期もあるけれど、今は全く受け付けられない。

なんなら嫌いなぐらいですww

 

東西の哲学の本をアレコレ読み漁りました。

まぁ当然全てを網羅できるはずもなく好き嫌いもあるので、好きなものは深く学び、気になるものは概要だけ読んだ。


行き着いたのは東洋哲学


仏陀孔子老子荘子二宮金次郎など。

私たちが忘れてしまった、忘れてはいけない人間としての『生き方』が詰まっていると思う。

特に好きなのは老荘思想ね。

これは自分に落とし込んで実践していくのみですね。

f:id:unchain-kei:20240310140847j:image

 

 

アドラー心理学(個人心理学)については前々から知っていたし、関わってきたグループセミナーもアドラー心理学を使っているので、「あぁ、まぁそんなもんだろうね」ぐらいに思っていました。

流行りものが嫌いなので避けていた。笑

 

ある日、ふと思い立って流行りもの「アドラー心理学」の本を手にとってしまった!

 

するとなんと!!

今まで学んだことや実践してきたことがギュッと凝縮されているではないか!!

しかも、とても哲学していて論理的(あたりまえw)で分かりやすい!!

f:id:unchain-kei:20240310140954j:image

 

なんでもっと早く手をつけなかったのか悔やまれる(´;ω;`)

私のバカ!!w

 

そこからアドラー心理学の本を読み漁りました。

アドラー自身が書いた物からアドラー心理学の研究者の本など。(まだまだ読みたい)

そして学んできた知識と併せて整理していった。

 

「これなら今までの経験(グループセミナーの経験含めて)もあるし、私も役に立てるんじゃないのか??

 

アドラーも言っているように、私のように暗闇の中で自分や世界に対して破壊的に生きてきた人間だった私が、大きく生き方を変えた私だからこそ役に立てるのだ。

 

とは言え、カウンセラーなんてガラじゃないし、セラピストなんて言ったら「どの顔で言ってんだ?」と笑われそうだw

 

それでも私が役に立てる場所を探している。

まぁ場所は自分でも作っていくつもりだけどね。

必要としてくれる人はいる。役にも立てる。

 

社会人、主婦、学生、不良や元受刑者の生き直し、夫婦関係や親子関係の修復、教育や育児の相談、なんでもこーい!!

その問題、私がサクッと解決してあげるわ❤️

 

ってことで、応援よろしくお願い致します!!

私にたくさん社会貢献、他者貢献をさせて下さいませ(^ ^)

役に立つ男ですよっ♬

 

最後に、ここに私に勇気を与えてくれるアドラーの言葉を置いておきますので是非読んでみてください。勇気づけられる人がいれば幸いです。


『現在の不十分な教育では、人間を理解できるのは、あるタイプの人間だけだということです。そのタイプとは「悔い改める罪人」で、人間の精神世界におけるあらゆる過ちにはまりこんで、そこから抜け出た人、あるいは少なくともそれに近い状態になったことのある人です。

(中略)

人生の困難から立ち上がって泥沼から這い出した人、困難を乗り越えて立ち上がる力を見つけた人は、人生のよい面もわるい面も一番よく知っているに違いないということです。

人間を知る学問で「悔い改める罪人」に並ぶ人はいません。とくに、よい面しか知らない人はかないません。』

ルフレッド・アドラー著 

 人間の本性より抜粋


心屋 らいふ Instagram

https://www.instagram.com/relive_your_life.2024?igsh=Zjhlejhjdmw1em83&utm_source=qr

愛と真理の探求者 Instagram

https://www.instagram.com/unchain_kei_s?igsh=N2FkeTRtOTBpNDF4&utm_source=qr

心屋 らいふ【公式】LINE

https://lin.ee/9QUKsYt

 

ちょっと真面目なお話

 

今回はちょと真面目に書きますね。

 

これは以前、「オーガニックについて記事を書いて欲しい」と頼まれた時に書いた下書きに追記したものです。
結局、寄稿することなくそのグループから退会してしまいました。(考え方の違いから)

 

↓ここから

【私にとってのオーガニックとは】

人は死ぬ前提で生まれてきます。
人に限らず、生きとし生けるもの全てが必ずいつか死にます。

生まれて死ぬことに特別な意味はなく、
それが自然であり摂理です。

生物が生きて死ぬことは生命の循環です。
死んだ物は土に還り、次の生命への糧となります。

20世紀に入り私たち人間は、おかしなことを始めました。
特に戦後から急速に。

人間は、他の生物が食べない物を食べ始めたんです。
それはChemical(ケミカル)化学物質です。
人間は体内に化学薬品(石油)取り込み始めました。

そして人間の汚染は人間だけに留まらず、
石油(化学薬品)を海に垂れ流して海洋生物を汚染しています。
家畜やペットなどに化学薬品を投薬し汚染しています。

私たち人間は、自らの体と他生物を汚染することにより『生命の循環』を乱し、自然の理を壊し続けています。


何ヶ月も腐らない食べ物によって人間の体に異変が起きています。(食べ物に限ってませんが)

 

【腐らない=微生物が食べない=分解できない】

 

多くの人たちが食すファストフード、コンビニの弁当やパン。マーガリンなど。
私たち人間の多くは、何の疑問も持たずに当たり前のようにそれらを食べています。
その食べ物の多くが防腐剤や様々な食品添加物(化成調味料)等によって腐らなくなっています。
化成調味料は(病院で出される薬もですが)多くが石油から作られています。
腐らない食べ物は、石油に汚染された食品です。

皆さんご存知の通り、人間の体は食べた物で作られています。
もちろん食べた物は人間の精神にも影響します。
では、私たちの体はどうなっているのでしょうか??

まず言えることは、
以前と変わらず、死ねば腐るし土に還るでしょう。
死体の腐り方や分解する微生物の種類の違いは、昔と比較なんて出来ないし専門家でもないから私にはわかりません。


食べた物で出来ている体は、腐らない食べ物を食べていてナゼ腐るのか??
循環してるじゃないか!?

体内の微生物による分解パワーは腐らない食べ物をある程度は強制的に分解しているのか?

分解せずに外に出しているのか??

さてさて、、

毒が凝縮された我々の体が土に還り、他の生き物の糧となって汚染循環することだけは間違いないと思います。


《余談です》
「某王手ハンバーガーを食べ続けた人の死体は腐らない」って噂を聞いたことありますが、真偽はわかりません。
まぁ腐り難いのではないでしょうかね。


「なぁんだ!!人間は何でも分解してるし、循環してるなら大丈夫じゃん!!」と思うかもしれませんが、世の中そんなに甘くはないですね。

 

さて、

ここからが問題なんです。

 

排出できなかった毒素は体の何処かに溜まります。
強制分解の負担も何処かに溜まります。
その毒素や負担の蓄積が病気を作ります。
病気は体を蝕み、精神を蝕みます。

病気は本人が発症するだけならまだ良いのですが、女性の場合は蓄積した毒を子どもに譲ってしまうことがあります。
生まれつき病気の子もいれば、毒を受け継いで生まれてきた子は何度も接種するワクチンや投薬で病気を発症します。

蝕まれた母体は子どもの体を病気にしてしまいます。
蝕まれた大人の脳(思考)と精神は、生活の中で子どもの心と体を破壊します。

その後も蝕まれた脳みそで思考がストップしてしまった大人によって、子どもの食生活は乱れ、子から孫へと受け継がれていきます。

壮大な悪循環です

この壮大な悪循環に歯止めをかける一助がオーガニックだと思っています。
(あくまで一助です。他にもいろいろ伝えたいことはありますが、今回のテーマはオーガニックなので。)

さて、、
まず今この瞬間から大人のアナタが意識を変え、食事や日用品を変えれば、最小単位コミュニティーの悪循環は止まります。

アナタの心身は改善され、子どもの心身が改善され、孫に被害が及ばない可能性が高くなりますね。

とまぁ簡単に言っていますが、
人間は愚かでエゴの強い生き物ですので、自分の好きな時間を削ってまで手作り料理なんてしませんよね。
冷凍食品や加工食品が使えないなんて地獄なんでしょう。レンジでチンが出来ない暮らしなんて想像もつかないのだと思います。

歴史を見ても、
自分が楽をするためなら子どもを売りに出してしまうのが人間です。
自分たちが生き残るために子どもを生贄に差し出すのが人間なんです。
口では「愛してる」とは言うんですけどねw

なので世の中は変わりません。
絶対的多数が変わりません。
人間は愚かだから。

でも、
ここまで我慢して読んでくれた意識の高い、本当に家族を愛しているアナタなら変われるし、変えられる。
アナタは自身を救い、我が子を救い、孫を守り、一族は七世代先まで安泰です。

『オーガニック』は、その手始めであり、好循環の入り口の『1つ』だと思っています。

調味料を変える。

無農薬を選ぶ。

加工食品を使わない。

外食を減らす。 

何だっていいんです。

何か『1つ』簡単なことから始めればいいんです。
まずは『1つ』から始められればめっけもんなんです。



結局『オーガニック』な活動とは、、
「生命の循環の一部」であり、美味しくって安全で、全ての生き物と環境に優しい、自然と共に生きること。


それが

私にとっての『オーガニック』なんだと思います。

 

さぁ、まず『1つ』始める勇気を♬

 

もうちょっと書きますね。

 

人間は自ら進んで汚染された生物を食べるようになりました。
化学薬品を撒き散らし、あらゆる生き物に投薬し、海に汚れた水を垂れ流しています。
他にも人間は生活の中で化学薬品を体内に取り込んでいます。
シャンプーや化粧品、洗剤や柔軟剤、あらゆる物から体内に吸収して溜め込んでいきます。
今では化学薬品を避けることは至難の業ですよね。(そーでもないんだけど)

ケミカルを使わないのは勿論だけど、溜め込んでしまった毒(化学薬品)は排出する努力をして下さいね。

・過食をやめて天然塩を摂る。
・運動をして体力をつける。
・筋肉量を増やし基礎代謝を上げる。
・平熱、基礎体温を上げる。
・水と根野菜を摂る。 etc

上に並べたのは排毒の基本的なことかな。
まぁまずは、
どれか『1つ』から始めようじゃないか(^ ^)

あ、あと、
よく汗をかいて「デトックス」とか言っていますが、最強のデトックスは排泄です。
オシッコとウンチが最強デトックスなのです♬
(もちろん汗はかいた方がいいですよ!)

 

腸を整えて毎日ウンチを出しましょうね❤️

 

今回はちょっと真面目な話をさせて頂きました。

相変わらずまとまらない下手な文章ですが、最後まで読んで頂き有難う御座いました。


ま、たまにはいいでしょ(^ ^)